地理はじめました > 北海道には梅雨がない
2016年05月30日

北海道には梅雨がない

北海道に梅雨がないってことは皆さんも学校等で習ってご存知かと思いますが、
なぜなのでしょうか?

習った気もするけど覚えてない・・・
覚えていなければ調べれば良い。

ってことで調べてみました。

スポンサーリンク








梅雨の仕組み

まずは、そもそも梅雨ってなんなのか。

梅雨とは、6月〜7月にかけて雨が降り続ける時期のこと。
東アジア特有の気象現象で、雨季の一種です。
日本ではオホーツク海気団と小河原気団がぶつかり合うことで梅雨前線が発生し、雨が降ります。

tuyu-kidan.png

オホーツク海気団は冷たく湿った高気圧。
小笠原気団は暖かく湿った高気圧。
この二つの気団の湿度の差によって停滞前線が形成され、
この停滞前線上に乱層雲ができ、それが雨を降らせます。


これが梅雨の正体です。


オホーツク海気団と小笠原気団の戦い

この両気団の合戦は約1〜2ヶ月近く続きます。
小笠原気団がどんどん勢力を増していくにつれて、前線が南から北上していきます。
だから、沖縄県は本州より一月早く、5月ごろに梅雨入りします。

そして、7月頃には小笠原気団にとっての援軍が参戦します。
亜熱帯ジェット気流がオホーツク海気団に合流し、オホーツク海気団を弱らせていきます。
そのため、梅雨前線が北海道にかかる頃には、前線の勢力が弱まり、梅雨明けとなります。

こうして北海道には梅雨前線が停滞することもなく、
気候学上は「北海道に梅雨はない」ということになるのです。


北海道版の梅雨、「リラ冷え」「蝦夷梅雨」

「気候学上は梅雨がない」だけで、北海道にも梅雨に似た天気になります。

春になりだんだん暖かくなってきたのに、5月下旬頃に突然寒くなる。
リラの花が咲くころにやってくるこの突然の寒さを「リラ冷え」といいます。

また、6月中旬〜下旬にかけて、太平洋側で曇りや雨の日が続きます。
これを「蝦夷梅雨」と呼びます。

それでも本州より時期も短いし、雨量も大したことはないそうです。
ちょっと寒いけれど、過ごしやすいことには変わりないようです。


梅雨入りと梅雨明け

毎年「梅雨明け」とか「梅雨入り」とかって言ってますが、
確定するのは「9月」って知ってました?

今の時期に気象庁が発表している「速報値」は単なる予報です。
晴れが続いた後に、曇りや雨が数日続くと予想されるその初日が「梅雨入り」。
逆に、曇りや雨が続いた後に、晴れが数日続くと予想されるその初日が「梅雨明け」。
という感じで「○日ころ梅雨入り(明け)」という「予報」を出します。

だから、外れることもあります。
「梅雨入り」が発表された後に数日晴れが続いたり、その逆があったり、ラジバンダリ。

予報に過ぎないということが分かってれば、
「まだ梅雨明けてねぇじゃん!」とイライラすることもないですよね。

ちなみに、平年の梅雨入り時期と昨年の梅雨入り時期は以下の通り。
tuyuiri.png

また、梅雨明け時期は以下の通り。
tuyuake.png
昨年は九州北部と東北北部の梅雨明け時期が同じだったんですねえ。
不思議ぃ〜。

さて、今年はどうなるんでしょうかねぇ。
エルニーニョ現象が収束し、梅雨入りが昨年より早くなるそうです。

実際、すでに梅雨入りしている沖縄県や奄美諸島は、
昨年よりも梅雨入りが3、4日早いようです。

このままラニーニャ現象が起これば、予想より早く梅雨入り、梅雨明けするかもしれませんね。
エルニーニョ現象とラニーニャ現象についてもまとめてみたいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。




タグ:雑学

スポンサーリンク

posted by ナマハゲニウム at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地理ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。